命を脅かす脳梗塞は適切な治療をすれば大丈夫

Hospital

脳を守るために

病院

静脈と直接つながる動脈

脳には、心臓から動脈によって血液が送られてきます。その血液は動脈から毛細血管へと流れ、血液に含まれている栄養分を脳細胞に与えてから、静脈を流れることで心臓へと戻っていくのです。しかし脳動静脈奇形の人の場合、脳内の動脈のひとつが、毛細血管ではなく静脈に直接つながっています。脳内には他にも動脈が多くあるので、それによって脳細胞には栄養分がしっかりと与えられます。そのため脳動静脈奇形でも、脳は正常に機能します。しかし脳動静脈奇形が生じている部分は、異常な血流により耐久性が低めになっているため、何かの拍子に破裂することがあります。これを防ぐため脳動静脈奇形の人は、その部分を補強したり除去したりといった治療を受けています。いずれの場合も、破裂のリスクが少なくなり、脳が守られやすくなるのです。

痙攣した場合には検査を

脳動静脈奇形は、先述したように脳の機能には問題がないので、発見されないことが多くあります。生まれつきの奇形ですが、気付かないまま成人し、ある日突然破裂によって倒れ、それにより初めて脳動静脈奇形が発見されるというパターンも多くあるのです。しかし突然破裂することもありますが、前兆として手足が痙攣することもあります。逆に言えば、痙攣した場合には、脳動静脈奇形の可能性があるということです。痙攣は、疲労やストレスが原因となっていることもあり、この場合は休息することで改善されます。しかし安易に疲労やストレスが原因と考えず、脳動静脈奇形の可能性を疑い、念のためにCTなどの検査を受けることが大事です。発見できた場合には、先述したような治療で破裂を防ぐことができるのです。