命を脅かす脳梗塞は適切な治療をすれば大丈夫

Hospital

治療の特色と症状

婦人

脳腫瘍の治療法として抗がん剤を用いた治療がありますが、これはいつでも有効というわけではありません。腫瘍の種類によって効果的な場合とそうでない場合があります。悪性脳腫瘍の場合はニムスチン、シスプラチンなどの抗がん剤が効き目が高いです。しかしながら、悪性度が非常に高い膠芽腫を治療する場合はほとんど効果がありません。この治療には放射線療法や外科手術が行われます。また、免疫療法については、身体にもともと備わっているがんを直接攻撃する免疫細胞の活性化を通してがん細胞を死滅させるというものです。そのためにインターフェロン-βという薬が投与されます。ちなみに、がんを攻撃する細胞にはナチュラルキラー細胞があります。

脳腫瘍には原発性脳腫瘍と転移性脳腫瘍の2種類があります。前者は1万人に1人発症するといわれていて発症率は高くありません。ただし、このタイプのものは年齢関係なく幼児でも高齢者でも発症する可能性がありますので、注意が必要です。後者は他の臓器のがんが転移することで生じるものです。また、脳腫瘍の症状としては次のようなものが代表的なものになります。すなわち、頭痛、食欲低下、手足が動かしにくくなることなどです。これは脳が腫瘍によって圧迫されることからきています。このような症状があらわれた場合、医師に相談してみると良いでしょう。近年は画像診断の発達が目覚しいために誰もが手軽に確実に検査することができるようになっています。